スポンサーサイト

2014.03.10 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    行ったり来たり・・・。

    2012.09.04 Tuesday 23:04
    0

      いろいろとっていうかいろんな意味で旅をしております(笑)。

      その中のひとつのお話。
      最近、『人って案外、簡単に疎遠になるものなのねぇ〜』と『やっぱり繋がってるところは繋がるな!!』
      なんて思うこととが行ったり来たりです(笑)。
      この間、お友達が『自分に合わないとかなんとかで自分から縁切ったり、疎遠にわざとする人なんて
      結構、気づいたらひとりってことが多いと思うのよ。』と言っていた。
      確かにこの年齢で無理やり友達になるとかってないから、うまく相手に合わせられないというのは
      そんなにないし、ほとんどは自分次第のところがあるもの。
      だから、結局のところ、相手が私と距離を置いたと感じ、「あぁ〜私は必要なしだな」と判断した時が
      「あぁ〜疎遠になっちゃたなぁ」と思う私。
      あくまでも相手が先です。
      その反面、連絡がしばらくなくても「連絡してみよう♪」と思える人・連絡をくれる人たちはちゃんと
      繋がってる証拠なのかなぁと。
      だから連絡してもすぐに楽しく過ごせる。私にもこういう素敵なお友達がいてありがたいです。
      改めて、大事にしていこうと思いますわ。

      さて、こちらも行ったり来たりで大変そうですねぇ〜というわけでCNくんのお話。
      余談だけど、政治のことをとやかく言う前に人と人とのことを第一に考えて応援しようと思います。
      歴史は大事だし、日本人としての誇りもプライドもあるのは当然のこと。でもこれは政治とは別物。
      応援を断念せざるを得ない状況になったらそうなったです。自分にとって音楽も彼らも必要なものなのでね。
      というわけで、先日発売したアルバムがオリコン1位になりました〜♪よかったねぇ〜♪

      CODE NAME BLUE(初回限定盤)
      CODE NAME BLUE(初回限定盤) CNBLUE

      ワーナーミュージック・ジャパン 2012-08-29

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools
      CODE NAME BLUE(通常盤)(初回プレス分) BLUE STORM [DVD] PATi★ACT Volume12 (M-ON! ANNEX 557号) Come on(初回限定盤) Come on(通常盤/初回プレス)

      アルバムで1位になった海外アーティストはFTさんとグンソクさんとこのCNくんたちだけだそうで、
      ・・・A.N.JELL=【美男ですね】の3人組じゃん(爆笑)。
      すごい共通点です。
          
      ・・・っていうか発売当日に日本にいない彼らに笑える。『Come On』の時もいなかったけどね(爆)。
      前日は、めざましライブ出てたけど、とっとと帰ったし(笑)。とにかく本国の活動が忙しいようです。
      事務所はあくまでもヨンファだけのグループにしたくないのは見て取れます。
      ミンヒョクもジョンヒョンも俳優として成功したから、そりゃぁラストはジョンシンですね〜!!!!って感じで、
      あちらでは、バンドよりも俳優兼アイドルとしての扱いであります。
      しかしながら、ヨンファはメンバーががんばっているからこそ、今回はひとり俳優業を休んで、バンドを
      支えたいと思ったと思いました。インタビューもほとんどヨンファががんばっております。
      今回、嵐くん表紙の【With】や【MORE】【月刊EXILE】や【POTATO】などたくさんがんばって出ていて、
      皆勤賞はまさにヨンファでした。『Come On』の際はジョンシンと、アルバムの際はジョンヒョンと
      がんばってくれました。さすがリーダーですな。
      雑誌の立ち読みにこの間、久しぶりに本屋に行きました。結局、【With】は嵐くんたち表紙もあって
      買いましたが、他は立ち読みで済ませました。(節約、節約)
      いちばん面白かったインタビューは、オリスタのWebインタビューでした(笑)。あれだけ雑誌見たのにね。^^;
      ヨンファ&ジョンヒョンのお兄ちゃん(作曲家)コンビのインタビューは曲を作った経緯や過程が分かるので
      面白かったです。
      今回のアルバムですけど、シングルはもちろんのこと、カップリングなども入れ、他のヨンファ、ジョンヒョン
      それぞれ作り、そして共作の楽曲もあり、インディーズ時代にお世話になった方が作ってくれた曲も加え、
      バライティに富んで聴き応えはありましたが、私的にちょこっろ思うに・・・パンチが少し弱いかもなぁと。
      インディーズ時代にお世話になった方が作ってくださった2曲もなんだか今の彼らが歌う感じなのかなぁ?
      とかFTっぽい感じがしました。否定するわけじゃないけれど、はじめ異質な感じは受けました。
      でも、聴いていくとしっくりくるもんですわ(笑)。まぁ〜ヨンファとジョンヒョンの歌のよさもあるし。
      そして、このアルバム、なんと言ってもヨンファとジョンヒョンの作曲のバライティさに感動です。
      ヨンファは王道的なロックやブルースを作ってくるのに比べて、ジョンヒョンは変化球や艶のある曲が多くて、
      共作になるとさらにぶっ飛ぶ感じでよかったなぁと。
      ジョンヒョンはヨンファが歌うことを考えて作るというところはやはりさすがです。
      でも、『Come on』のキーが高いとヨンファ愚痴る(笑)。勢いよく作ったらああなったとバーニングさん(笑)。
      ま、歌えるんだからよしとしましょ♪
      これで、10月のツアーをしっかり回るようです。リズム隊の練習もがんばらないとね〜♪

      この間、FTさんが母国でコンサートをやったというわけで、JUNIELちゃんとミンヒョク以外の3人さんは、
      応援しに行った模様・・・いや・・・あれはただのファンだな(爆笑)。
      聞くところによると、客席でペンライト持って振り回し、ヘッドバンギングをし、ノリノリで踊っていたそうで、
      ステージからホンギくんもノリノリだったそうで(爆笑)。最後はステージに上ったと。なにやってんだ(笑)。
      ホント、仲のよい兄弟バンドですな。
                 FT
      レポをいくつか読ませていただきましたが、FTもCN同様、日本と行き来しているため、見えない国境の壁が
      どうやら高いようで、音楽にバラつきを感じたそうですわ。
      きっとFTもCNも迷ってる感は絶対にあると思う。本人達はきっと気づいているはずです。
      日本は、バンド文化が盛んで、いろんな音楽ができ、自分たちの音楽を作り、見せることができる。
      そして、他のバンドも見て勉強できるし、みんな優しいと言うし、ライブ活動も思う存分できる。
      けれど、自分たちは日本人ではなく、活動の拠点は本国。どちらも居心地がいいから偏るわけにはいかない。
      ・・・なんだか悲しい現実を突きつけられ、それを感じられたライブだったご様子。

      ダンスグループはきっとね、あちら特有のものもあって、あちらでも活動は変わらないと思うし、
      あちらでずっとやっていけると思う。
      実際、ダンスグループは、あちらでやってきたものをそのまま出したり、日本語に変えたりして持ってくる反面、
      FTやCNの場合は、ほぼ持ってこない。日本語訳というものの曲自体が確かないのでは?
      (未確認だけど)逆に日本で作ったものをあちらへ逆輸入的な形で持っていくパターンが多い。

      今回のこういう見えない壁や政治的なものにいちばん辛い風を浴びてしまうのは彼らなのかも。
      せっかくバランスよいというか居心地がよさそうに活動できていたのにね・・・。
      私思うにもしも交流ができなくなり、彼らが母国だけでバンドをやっていくことになった場合、
      きっとインディーズ時代や留学時代のような伸び伸びとした空間ができるのか?窮屈にならないか?と
      余計なことを思ってしまう。

      う〜ん・・・なので、政治的な問題っていろんなところに影響してくるので怖いですわ。
      とにかく音楽には罪がないし、今、生きている私たちもしこりを残さない努力をしなければならないと思うな。
      一部を見ただけで、まとめたり、偏見で物事見たり決めつけたりするのは嫌いなので、それだけはひとりの
      人間としてまっすぐ純粋に見ていきたいし、進みたいと思ったりもする。
      彼らには素敵な音楽を追及してもらい、それを受けて私も活力にしたいと思いますわ。

      さて、『24時間テレビ』の編集をします・・・なかなか終わらん・・・(涙)

      category:CNBLUE | by:mi-ecomments(2)trackbacks(0) | -

      スポンサーサイト

      2014.03.10 Monday 23:04
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment
        ご縁のお話。ちょっとしたことで逆ギレのように簡単に縁を切ってしまう場合と、そこに至るまでに努力をして、でも「あぁやっぱり自分とこの人の間には距離が欲しい」と思って疎遠になる場合があると思うの。
        私は、自分を守る為の後者は必要だと思う。大切。
        人間、結局はひとり。
        ただ、その「ひとり」が信頼されていないひとりなのか
        、自ら一人になることも厭わない、と思うひとりなのか、その違いは大きいと思うわ。

        仲良しクラブなお付き合いを友達、と思っている人が多いでしょ?昨今。
        凛としてひとり、がいてもいいと思うのよ。
        • AMY
        • 2012/09/06 11:00 AM
        AMYさん、こんにちは♪
        お返事が遅くなりました〜。すみません。

        私が書いたのは前者の方です。なんだかひとりちょっとしたことで簡単に
        縁がなくなった人が最近いて。ただただその行動や被害妄想に驚くしか
        なかったんですけどね。
        確かに結局、人はひとりだと思うけど、心と心が繋がったひとりはいいなぁと思います。
        そして、AMYさんの言うようにそれまでやその過程は必要だし、その過程があるからこそ、
        必然的にひとりになるのは違いますよね。
        凛としている人は素敵ですよね。
        私も憧れます。なれるかどうかは別として(笑)。
        とても勉強になりました。

        コメント、ありがとうございました。
        • mie〜AMYさん
        • 2012/09/14 11:31 PM








           
        Trackback
        この記事のトラックバックURL

        PR
        Calender
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        Now♪
        Phot Diary
        Thank You♪
        オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        迷宮ラブソング
        迷宮ラブソング (JUGEMレビュー »)
        嵐,伊織,100+,R.P.P.,Soluna,佐々木博史,Trevor Ingram,youwhich,吉岡たく
        Recommend
        Recommend
        『ミュージカル宮』日本公演 オリジナル・サウンドトラック
        『ミュージカル宮』日本公演 オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
        キム・キュジョン,ラン,クァク・ソンヨン,チャン・ユジュン,ジョンミン,チェ・イェスル
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM