スポンサーサイト

2014.03.10 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    春の二宮祭り

    2013.03.24 Sunday 21:13
    0
      ちょこっと環境が変わったためにあれこれバタバタしておりましたが、少し落ち着いてきました〜。
      なので、先日は久しぶりにいつものお友達たちとお食事会。
      ひとり、お仕事の都合で来れなかったけれど、相変わらず、のんびりゆったり他愛もないお話ができるのは
      素敵なことです。
      でもってみんないつも集まるとお土産渡し合戦になる(笑)。みんないい人です。
      幼稚園からのお友達、二十歳くらいでお友達を通じて知り合ったお友達などなど、つきあいは長いので、
      みんなが喜ぶものとか話題とかお手のものでございます。
      で、最初の話題は、やはり嵐くん。
      この間、本屋さんに行ったら、どこやかしこやほと〜んど『二宮和也』という文字が雑誌の表紙に並ぶ。。。
      【祝!!プラチナデータ公開!!】なのは分かるんだけど、表紙もほぼニノばかりで、ニノに囲まれる感じ。
      なんだか多すぎて、一瞬、引いたわ(爆)。あんなに出なくていいんだけどなぁ。テレビもニノがたくさん!!
      なんだかほらあれよ!!春のパン祭りみたいな感じだね(爆笑)。
      試写会とかの当選倍率もすごかったと聞いたし、前売りも飛ぶように売れたそうで・・・。
      う〜ん・・・その昔、『青の炎』の地元の試写会。締切2日前にハガキ送ったのにも関わらず当選し、
      試写会に行くと明らかに中年の男女が多く、原作のファンなんだろうなぁとか蜷川さんのファンなんだろうなぁ
      という人多し。あややや私のようなニノちゃんファンの若者は見た限り20人くらいだったなぁ。
      あとで、主催者の方と少し感想を言うためにお話ししたんだけど、応募してきたのはほとんど中高年だったそう。
      今ではありえないよなぁ。
      きっと秋は、『秋の松本祭り』が開催されるんだろうなぁと思います(笑)。
      始まるものがあれば終わるものもありまして、今週、長きに渡って嵐くんの看板番組であった『嵐ちゃん』の
      幕が閉じました。
      フジ12時台と同じくあれよあれよと企画がどんどん目まぐるしく変わり、一定感のない紆余曲折な番組だなぁ
      なんて不安を持ったこともありましたが、『USO』スタッフが嵐を求め、それにがんばっていろいろと試行錯誤を
      嵐くんたちと一緒にしてくれたのは嵐の力にもなったし、いろんな嵐を見せてくれたことに感謝します。
      ホント、いろいろやったねぇ・・・。バライティの難しさも分かった番組。嵐をより一層強くしてもらえたかと私は思う。
      厳しいことを言えば、人気者を使えば数字が取れるほど、もう甘くはないって話です。
      やはり内容は大事だし、出演者に合った内容と言うのは本当に当たれば万々歳だし、ハズれれば
      とことんどん底なわけです。彼らが見れればいいという気持ちは私はもうファンになってすぐに終わりました。
      ちゃんとした彼らがいるように私もファンとしてちゃんとしたいと常々思うのでね。
      彼らのがんばりようや彼ららしい番組ができることが私はファンとして望むことですので。
      ただキャーキャー言ってるのはもう・・・ね・・・(苦笑)。そこは彼らも分かってるはず。
      私も同じく勉強になりました。嵐くん、スタッフさん、お疲れさまでした。
      またご縁があれば素敵な番組に巡り合えるといいなぁと思います。

      てなわけで、『プラチナデータ』を見に行く日を決めている休日、こちらのDVDが届きました〜♪
        
      Arena Tour 2012~COME ON!!!~@SAITAMA SUPER ARENA [DVD] Arena Tour 2012~COME ON!!!~@SAITAMA SUPER ARENA [DVD]

      CNBLUE LIVE MAGAZINE Vol.8 [DVD] Blind Love(初回限定盤A) CNBLUE 4th Mini Album - Re:BLUE (韓国盤) Now or Never BLUE STORM [DVD]

      by G-Tools
      本来、もっと早く手に入ったであろうこのライブDVD。何が延期の理由?なんて思っていましたが、
      ちょこちょこ見始めて、最後のあたりにすぐに判明(笑)。
      ・・・そういうことね。これ、見た人なら分かるというか元々、ツアーがはじまってから「それ大丈夫なの?」
      なんて思ってましたが、やっぱりね、無理だったようです(苦笑)。
      今度のツアーはちゃんと確認してからにしましょう!!この処理に数か月かけたのね・・・。
      でも、まぁ時間かけただけあってとてもきれいな処理でしたが(爆)、内容的にはまだ途中ながら満足です。
      私として気になった演奏部分も丸わかりだし、これからの可能性を感じさせるよいツアーになったと改めて
      見ていて思いました。
      自分たちの音楽は自分たちで作るということにこれからもしっかりと拘っていただきたい。
      今年もツアーがあるといいなぁ。

      今日の休日は少し雑誌の整理をしていたのですが、買ったままで読んでいない雑誌を2冊ほど発見(笑)。
      B00ARJ2EYY Cut (カット) 2013年 02月号 [雑誌]
      ロッキング・オン 2013-01-19

      by G-Tools
      そのうちの1冊がこの『CUT』。この号は嵐くんたちのライブレポ+CNくんのインタビューがあり、私としては
      とてもお得感たっぷりな1冊だったのですが、すっかり読み忘れていたようです・・・。
      改めてしっかりと熟読。
      嵐くんたちのレポって今やいろんな雑誌が取り上げてくれて、どれを買っても同じような感じに最近はどうやら
      なりつつある危機感なのですが(汗)、今回は私としてはこの『CUT』だけでいい意味でお腹一杯です。
      それだけ満足したってことです。実際、参加できた幸運もあって、楽しく読みました。
      ロッキング・オン社はかれこれ10代の頃からというか嵐くんたちがこうして出る前からお世話になっているので、
      視点が面白くて好きだったので。
      でもって、CNくんたちもステキに撮れていたのと、インタビューも彼らのロック+音楽をちゃんと聞いてくれて
      嬉しかったなぁ。自分たちがやっていることの道が厳しいことを知っているけれど、4人でステージに
      立っている時に楽しさや成長をそれぞれ感じることはとても大事だもんね。
      今はようやくジョンシンのドラマが終わって(お疲れさま〜♪)ようやく全員でバンド一点で腰を据えて、
      ワールドツアーに向けて練習していることでしょう。しっかりと成功しますように。
      あっ・・・ジョンシンさぁ・・・この間、もう髪は伸ばさない宣言してたけど、木村(拓哉)さんを意識してたって・・・
      ・・・軽く驚き・・・。木村さんの偉大さに改めて感動・・・。
      でもまぁ私、長い髪のジョンシンも好きだからまたいつか伸ばしてもいいんですけど(笑)。
      category:Kazunari,N | by:mi-ecomments(0)trackbacks(0) | -

      29歳とファンとしての自覚

      2012.06.18 Monday 23:15
      0
        え〜17日は、二宮さんちの和也くんの誕生日でございまして、しっかりとケーキをいただきました〜♪
        おめでとうございます〜!!!かれこれ、彼の誕生日を祝うのは、12回目ですな(笑)。
        ちょうど東京ドームでイベントがあったとのことで、たくさんの方に祝ってもらえてとても嬉しかったことでしょう。
        前は、「梅雨コンがない限り、オレは一生祝ってもらえない」と毎年、潤くんが祝われているのを見て
        感じていたことでしょうが、今回は本当によかったですわ。
        29歳かぁ・・・今朝のニュースでたくさん学校の様子を見ましたが、金髪ではしゃぐ和也さんがかなり大人に
        見えましたわ。昔は歳を取らないなぁと幼さの見える感じでしたが、29歳にもなるとやはりそれなりにね。
        ということで、私は、大阪の公演に行けたらっていうか当たったら行きたいんだけど、どうなることやら・・・。
        なんだかんだで惚れた弱みと言うのは大きいわけで、13年も経った今もやはり13年前と同じく嵐くんたちに会いたいなぁと
        いう気持ちはとても大きくあります。
        これだけの人気者になってほしいとは思ったあの頃は、もう戻りませんが、会って元気をもらおうという当時の
        気持ちだけでも持っていようと思います♪

        智くんと相葉ちゃんのドラマもいよいよ大詰めですなぁ。どちらも次回最終回ということで、2週に渡っての
        推理ドラマ。展開が早いのもあるけど、結構、細かく見ていないと自分なりに理解できてない(汗)。
        元々、ミステリー好きだから、じっくり見る時間をわざわざ作りますわ(笑)。
        あぁ〜刑事と鍵屋もそろそろお別れかと思うと寂しいなぁ。
        最近はリアルタイムで見えているので、最終回も是非ともリアルタイムで見たいと思います。
        そして、『ラブレイン』は8話まで来ました。このドラマ見てたら、どうしてグンソクさんが人気なのかが分かった気がする。
        コミカルな部分とか感情を表現するっていうのがうまいというか見ていて、感情移入できる役者さんだと。
        ユナさんもとてもかわいらしく、表情豊かで美男美女カップルですわ。
        8話は、ハナのママとジュンのパパが再会したところとかふたりが再会している間にハナとジュンの間にも
        だんだんと愛が生まれているのよね〜!!あぁ〜30年を越える愛ですか・・・深すぎてわからん(笑)!!
        ジュンは自分の両親がパパの初恋のせいで崩れて悔しいけど、ハナは初恋の人が忘れられないママが
        初恋の人に再会できることを願ってるわけですよ。
        で、気づいたんだけど・・・このリュックって一緒でしょ??
        リュック    リュック  
        B0064J48HC CNBLUE ★オレのことスキでしょ リュック(Beige)


        by G-Tools

        最近、このブランドよく聞くんだけど、結構頑丈でいい値段するようですわ〜♪amazonで買えます(笑)。
        学生の頃だったら、欲しかったかも。今は・・・あんまりリュックって持たないもんなぁ。
        でも、ひとつくらい持っててもいいかもなぁと思うんだけど、このホワイトバージョンを1話でヨンファが持ってて
        それがとてもきれいだったから持つんだったらそっちだけど・・・すぐに汚れそうです(笑)。

        さて、CNくんたちの大阪城ホールでのイベント〜韓国での日本人向けのファンミが土日で行われたそうで、
        韓国でのファンミは嵐くんたちのアジアツアーなみの値段とのことでしたが、ハイタッチあり、質問コーナーあり、
        もちろん歌ありで、もちろん仲のよい4人のいちゃつっきぷり満載で、とてもよい雰囲気でよかったそうですわ〜。
        しかしながら、ヨンファさん・・・日サロに行ってるですって!?(驚)速攻、止めてください!!!(笑)
        余計に横のジョンヒョンさんの白さやか細さが目立つから!!!←ここ重要(爆笑)
        やめてほしいと思った私のような方がどうやらいたそうで、会場で参加したファンから止めて欲しいと意見が出たそう。
        すると、ヨンファが「行かない」と言ったとのことで軽く安心(笑)。

        いつも拝見させていただいている老舗というか昔から応援されている方のブログを読むと、今回のファンミですが、
        やはり前回の韓国のファン向けのファンミよりよかったようで(ハイタッチとかなかったそうで・・・)、
        その方も書いてらっしゃいましたがなんだか切ないなぁと。
        ファンは大切にするのは当たり前なんだろうけど、海外のファンよりもやっぱり自分達の国のファンを
        大事にしてほしいなぁということと、日本を含め海外のファンも自覚が必要だと思いました。
        確かに日本の市場は、ぶっちゃけ儲かるし、反応もよいし、楽しいのかもしれないけれど・・・。
        最近のK-popブームを支えているのはやはり海外のファンということもわかります。
        でも、その日本を含め、海外のファンの方のマナーが結構、最近かなり悪いそうで、自国のファンの方々が
        怒ってらっしゃったり、身近に感じられないようで、こういったファンミなどの差などで、自国のファンが離れて
        しまうこともあるんだとか。難しい問題だなぁ〜。
        特にCNくんたちの場合は、ロックやバンドというジャンルである以上、日本は外せないだろうし、
        私のようなロック好きのファンがつくわけだから、認められる国という意味でも大きく捕らえているのは分かります。
        自国では、バンドやらロックやらというジャンルがあまり浸透していない以上、やりたい音楽がそこにあるというのは
        大きいし、そこにチャレンジするのは当然のことです。
        なので、彼らや彼らを取り巻く大人たちの戦略も分かりますが、ファンもそういった自国のファンの気持ちも
        考えて、行動するべきではないかと思うな。
        日本は本当に恵まれている国だということを自負しておかなければなりません。
        だからこそ、マナーの悪いさは誰もが許せないもの。本当に国の恥。どの国でも共通です。
        サイン会や歌番組収録も結局は、海外からのファンだけで埋め尽くされ、その上、マナーが最悪だったり
        するのはやっぱり切ないし、自国のファンの方が応援できないなんて残念すぎます。
        嵐がもしそうなったら私も辛いです。
        そして、こっちに来てくれるのは嬉しいけれど、自国での活動もやるんだったならば、もっともっと自国の
        ファンを大切にしてあげてほしいなぁと思うし、ファンもしっかりと周りをよく見て考えて行動しなければ
        ならないといけないなと。
        いろいろと活動を広げると浮き彫りになる問題は、スルーしたり、いずれなんとかなるだろうではなく、
        目をそらさずその場で考え、解決していくことが望ましいなぁと思いました。
        韓国にしろ、台湾にしろ、どの国の方も日本のファンは、『おとなしい』とか『マナーがよい』などと言われて
        いましたが、最近はそうじゃない方増えてきているのは事実です。
        嵐コンでも同じこと。やっぱりね、たかが芸能人、されど芸能人だからね。
        度の過ぎたことだということを分からないなんぞ、人としてのモラルが欠けてるとしか言いようがないのです。
        どの年齢の方も人として、マナーとモラルを持って応援していれば、その応援している人たちがとてもよい活動が
        できるんではないかと思いますわ。

        なんだかいろいろとあるけど、和気藹々とした関係でいるといいなぁって思います。

        少しだけ暗くなった感あるので(汗)、ほっこり話を。
        土曜、大阪にいる際は、なんとヨンファがラーメンを作ってジョンヒョンに食べさせてあげたそうで(感涙)。
        あの子、ええ子や・・・。ジョンヒョン、とても嬉しかったようです。
        ドラマで忙しいジョンヒョンとミンヒョクはただでさえ大変だもんねぇ。
        大阪城ホールでのイベントもしっかり歌って、しっかり演奏してよいイベントになった模様。

        音楽で繋ぐ国と国。
        今朝、嵐の【ふるさと】を聴きながら、嵐の歌も国を越えて楽しんでいる人たちがたくさんいるんだろうなぁと。

        category:Kazunari,N | by:mi-ecomments(0)trackbacks(0) | -

        祝☆二宮和也28歳

        2011.06.17 Friday 23:36
        0

          最近やけに派手なニノちゃんが28歳になりましたかぁ・・・。
          私、毎回毎回【VS嵐】は、ニノちゃんの衣装が見たいがためにオープニングを楽しみにしております。
          あの想像を超える(笑)派手な服のセットやとっぴようしもない半端丈を着こなせるのは嵐では
          二宮さんしかございませんわ(笑)。

          時にブラックな部分とか誰かにいつもおっそろしいキラーパスを出したり、たま〜に怯むニノちゃんが
          いつもかわいらしく思います。
          毎年、毎年、祝うごとに「この歳には見えない・・・」と誰しも思う若さだけど、中身は立派な28歳だと
          思うので、これからも嵐好きの黄色い少年でいてくださいませ。
          最近は見事に色気も出てきたので(【GANTZ】見ててドキドキしましたわ・・・)、演技も楽しみにしてます。

          1日遅れですが、お友達と小さなケーキで今年もお祝いさせていただきました。
          いつもメンバーが大好きで、ゲームやギターが好きで、楽しむことがうまいニノ。
          これからも幸せに、いつも健康に、いつも笑顔で、いつも熱く、いつも思いやりのある素敵なニノに28歳も
          期待しております。
          誕生日、おめでとうございます。

          category:Kazunari,N | by:mi-ecomments(0)trackbacks(0) | -

          初日

          2011.01.29 Saturday 23:49
          0
            書き溜めていたものを一気にUpしました(笑)。
            どんだけ溜めてるんだって話ですが、いやぁ〜最近、小さなPCを購入してとあるところでもちょこちょこできる
            環境になったこともあり、書き溜めておけるわけです。

            で、今日は『GANTZ』の初日。
            公開、おめでとうございます。私はまだ見に行く日を決めてませんが、近々、絶対に行きます。
            前売りも買ってるしね。
            より多くの方が楽しめるといいなぁと思います。
            しかしながら、私、昨日、ニノちゃんの番宣を朝から晩まで丸1日、完全に忘れておりました(号泣)。
            唯一、いつも撮っている『ズームイン』だけが撮れておりました。あぁ〜悔しいですわ。でも、仕方がない。

            そして、auからの挑戦状ともいえる60パターンCM。
            ・・・うまく撮れておりました(ニヤリ)。よかったわぁ〜。お友達にもよい報告ができてよかったです。
            しかしまぁ〜編集に合計2時間ちょこっとかかりました。
            だって1つに15秒だからねぇ〜少し早送りしすぎると飛ばしてしまう勢いだったもの。
            あまりに心配なので、auで全部のCM動画が見れるところを見ながらちょこちょこがんばってみました。
            合計で15分ほどだけど、すごいよねぇ。嵐くんたち、スタッフさんたち、お疲れ様でした。
            ギネス狙うのもいいけど、いつもやらなくていいから(笑)。挑戦状はたまにでいいですので。
            でも、楽しかったですわ。
            category:Kazunari,N | by:mi-ecomments(0)trackbacks(0) | -

            GANTZ祭り

            2011.01.23 Sunday 23:38
            0

              新年明けての1月は、見事なGANTZ祭りです。
              あまりにも雑誌やらテレビやらすごすぎて新年早々、乗り遅れそうです…(笑)。
              一応、テレビ関連については振り落とされず、しっかりとしがみついているところです。
              深夜のミニ番組もこちらでは放送されるとのことで、ガッツリ予約。
              ここのところ、日テレさん系のチャンネルに変えると、GANTZのCMかバーモントカレーのCMかってくらいに
              見ます(笑)。嵐ってすごいねぇ〜と思わず口から出る私(爆笑)。
              で、あまりのバタバタさに試写会応募も忘れていたので、公開日の29日からいつ見に行こうかと
              会社でカレンダーとにらめっこ。←仕事しろよ、私…(笑)
              う〜ん…これが悩むところです。
              しかしながら、すんごい製作費だから、宣伝の量も半端ないなぁ。
              グッズもいろいろと出てるし、いろいろとキャンペーンや舞台挨拶で大阪行ったり、海外行ったりと
              すんごい規模です。
              (『青の炎』の時って懐かしの【マシューTV】ぐらいじゃなかったっけ?(笑))
              それだけニノちゃんと松山ケンイチくんのコンビは話題なんだろうなぁ。
              ちなみに今回も原作は…知りません(笑)…読もうとも今のところ思っていないので、映画自体を
              楽しむには体制的にはかなりいいと私は思っておる次第です。
              見るにあたって自分としては余計なものや拘りがないわけだから。『大奥』も読んでいかなくて正解だったし。
              近くのレンタルショップのコミックレンタルとかネットカフェとかで読もうと思えば読めるけど、
              今のところ、知識ZE〜RO♪でいくつもりです(笑)。
              パート2もあるということなので、余韻が残っているうちにパート2が公開されるといいなぁ。
              あっそうそう私、自分の誕生日が何曜日かををニノちゃんの口からテレビを通して聞きましたわ(爆笑)。
              やった、お休みの日だわ〜♪
              しっかりと映画館で見たいと思っているので、今から楽しみでございます。

              まだまだ盛り上がるであろう映画GANTZ、しっかり祭りも楽しみたいと思います。

              category:Kazunari,N | by:mi-ecomments(0)trackbacks(0) | -

              そこは触れんといてください。

              2010.11.24 Wednesday 23:37
              0

                またまた会社にてパスワードの更新がやってきました。
                いつものようにまた悩む…願掛けの意味も込めてFC番号にしてみました(笑)。
                当落確認する際、6桁に慣れていた私は8桁っていうだけなのにだいぶ間違えましたので(汗)、
                ここで毎日入力すれば慣れるんじゃないかと思いまして。

                さてさて、誠治くんでございます。
                今回も切ない場面満載だったし、なんといっても丸山くんが心配〜!!!!
                やっと思いが通じたのにねぇ。
                で、やっぱりお父さんは家族が大切だったし、自分の存在意義というものがなくて寂しかったのね…。
                誰かに必要とされたい…じゃないと自分の存在意義がない…そう思うのはお父さんらしいな。
                人間誰しも誰かに必要とされ、何かをやりとげるために生まれてくるって昔、よくおばあさんが言ってたなぁ。
                「だからこそ、自分ばかりに興味を持つんじゃなくて自分以外の人にも興味を持つこと。
                 最初は苦手でも悪い面ばかりじゃなくてそれなりにいい面も見えるはずよ〜。」って。
                さすが偉大な私の尊敬するおばあさまでございます。今思えば、すんごくいいことばかり厳しく言われたと
                ふと思いますわ。だんだん武家の温かさや家族の大切度が増して、見ていてほっこりきます。
                問題はまだまだ山積みだけど、一歩、一歩だなぁと。
                会社でのランチの際、ドラマの話になり、「私は二宮くんのドラマを見てます!!」と言うと皆様「あぁ〜ニノのね!!」と。
                …ニノっていう呼び方のは一般的なんですか!?(驚)
                ファンじゃない方から聞くと結構、ビックリするもんですわ〜。
                「香里奈と最後はくっつくね、ニノは!!」と皆様予想中(爆笑)。
                が、しかし…「あ〜でもニノは背が低いからねぇ…つり合う?もうちょっと背が高いといいんだけどねぇ。」
                …そ、そこは触れといてくれ…かわいいんだよ、そこがいいんだよ、それが和也なんだよ!!と心の中で葛藤の私(笑)。
                「基本的にジャニーズって背が低いイメージがあるわ〜。成長期に踊ったりしてるからかなぁ」
                …えぇ〜そうなの!!!と妙に納得したり、驚いたり、それはもう大変な20分でしたわ(汗)。
                まぁ確かに平均身長は低い方かもしれません。そこは否定しませんわよ。
                (考えてみると大東たちは4人中3人が180センチ以上だし、亞綸でさえも178センチくらいはあるもんねぇ。
                 もしも、観光局の交流イベントなんぞあって並ぶとある意味、大変です(笑))
                最後に「5人さんは比較的中身も外見もこじんまりグループなのですよ。」とそっと心で訴える私でございました。

                そして、紅白。
                まぁ司会という時点で内定はいただいていたものの、本当に司会だけだったらどうしよう〜と思ったのは私だけ?(笑)
                今年のJ枠も昨年と同じということですが、私はやっぱりKinKiさんとかV6さんとかが見たい気持ちがあるなぁと。
                でも、そうなってしまうとカウコンに響くんだよねぇ。中継でもいいから見たいなぁといつか思います。
                『めざましテレビ』さんによると(笑)「今年の目玉は彼らの司会のみ」とのことですが、目玉とかそういうこと
                じゃなくて純粋に『紅白』というエンターテイメントな歌番組を大晦日に楽しむってことでいいのかなぁとも思う。
                今の時代、視聴率の良しあしだとか「紅白に出ないとか断るのがなんだか格好いい」的な風潮がありますが、
                きっと局側として伝統あるこの番組に対して「視聴者に純粋に楽しんでもらえれば…」と考えてほしかったりします。

                あぁ〜しかし関連番組がいっぱいあってどんだけHDDちゃんを空けておけばいいのか不安ですわ(笑)。
                とにかくHDDちゃんと共に師走=12月はとっても忙しいでしょうなぁ。

                category:Kazunari,N | by:mi-ecomments(0)trackbacks(0) | -

                水野と誠治

                2010.11.01 Monday 23:52
                0
                  『GANTZ』の前売りを買って来ました。
                  土日は映画館には行けなかったので、「あぁ〜ポストカードくらい欲しかったなぁ」と半分諦めで行ったけど、
                  映画館のお姉さんが「ストラップはないですが、ポストカードやセット券はまだありますよ〜」と言って
                  くれたので、ホッと一安心。
                  確実にその場にいる客は私だけだったので、前売り券やポストカードを見せてもらいました。
                  私、このニノちゃんがかっこよくて胸キュンだったので、ポストカード付を選びましたが、前売りのニノちゃんも
                  これまた素敵すぎる・・・と思い、セットチケットも買っちゃいました(笑)。いやぁ〜満足っ!!!
                  買って、後ろを振り返ると大きな画面に『GANTZ』の予告が流れていて、これまた胸キュン(笑)。
                  というわけで、ニノちゃんの『大奥』と『フリーター〜』の感想を。
                  まずは『大奥』
                  私、元々漫画というものをここ10年くらいあまり読んでいないため、今回も知識及び予習ZERO〜♪(笑)
                  でも、こういうのが結構私には合っております。予備知識があったら私はきっとそっちのイメージを大事に
                  しちゃうかもしれないから。まっさらなまんま見るのって結構楽しいし。
                  なので、男女逆転の設定くらいしか分からなかったので、本当に楽しめました。
                  展開に切なくなったり、ハラハラドキドキしたし、人を想うことの儚さや温かさを感じました。
                  全体的にとてもうまくまとまっている感があったし、見終わった後に見たという達成感がすごくあったなぁ〜。
                  それにニノちゃんの役、いい役だったなぁ〜。男前でしたわ〜!!!
                  そしてニノちゃん、本当に水野という人がスクリーンにいた感じがしました。
                  漫画ではどうだか分からないけど、私は水野という人物はニノちゃんだと想いましたわ。
                  柴崎コウちゃんがこれまた本当に男前だったなぁ。でもって、サダヲちゃんが最高でした。
                  あぁいう人がそばにいるって本当に心強いし、気持ちがホッとしました。
                  もちろん大倉くんや玉木くんのキレイさにも改めて驚いちゃいました。男版の大奥って恐ろしいけど美しい(笑)。
                  見に行けてよかったですわ。

                  で、ドラマ『フリーター、家を買う』
                  これ現実を感じるねぇ。こちらも原作は読んでいないけど、私なりに結構心にきます。
                  仕事の面でも家の面でも・・・子供って本当に勝手よね・・・って客観的に見て思うもの(笑)。
                  自分も本当に勝手な子供だったわ。今更ながら、家族にごめんなさいと言いたいです。
                  自分のことばかりだもん。考えも行動も全て。それに親が付き合ってることとか妥協してるのよね。
                  うちは放任主義という名の育児放棄だったので(爆)、あそこまでお母さんが自分にとっては大きな存在って
                  いうわけではぶっちゃけないのが現状というか本音だけど、家族は家族。
                  誠治くんのうちのように家族がひとりでも支障をきたすと大変だよねぇ〜ハハハ・・・(汗)。
                  私ね、このドラマは最初見る際に辛いかもって正直思ったんだけど、元気出ますわ。やる気出る!!
                  どんなカタチであれ、人を想い、人に幸せになってもらいたいという気持ちの持ち方っていうのを持ってる
                  つもりだけど、改めて画面を通して、誠治くんから習ってる気が少しずつしてます。
                  私の周りにはまだ誠治のような環境の人って少ない。現実におきていないことだからね、それは仕方がない。
                  だから「子供は子供のことをやれば大丈夫でしょ?」みたいな軽めに言えるし、考えてる部分って無意識に
                  感じ取る。・・・現実ってねぇ・・・大変よ〜(爆笑)。
                  これからも誠治くんと共に思いやること自分をどう満足させ、生きがいをみつけていけるかを探したいですわ。
                  category:Kazunari,N | by:mi-ecomments(0)trackbacks(0) | -

                  二宮祭り

                  2010.10.18 Monday 23:48
                  0

                    毎年この時期に思いますが、家の周りに子供がいないのは寂しいです。
                    今年、お祭り神輿はしないということをゴミステーションの貼り紙で知りました。
                    私の頃はまだ子供が多くて、子ども会もそれなりに盛んだったなぁと。
                    私の世代はほとんどここから出て行ってしまいました。田舎だから仕方がないとはいえ、寂しいものです。

                    さて、家の周りは寂しいけれど、私の中では二宮祭り真っ盛りでございます。
                    ようやく【大奥】を見に行けました。(感想は別記事に書きます。)
                    公開して2週間経ってるからそれなりの人だと思ったらほぼ満席!!
                    若い方からお年を召した方などまさに老若男女でした。
                    万が一のことを考えて、朝、いつものところに行く前に前売り券を持って行って、座席だけおさえて
                    おいたのですが、それ正解でしたわ。
                    レイトショーでもあれだけ入るんだったら、席も取れなかったかも。
                    始まる前に予告がいろいろと流れますが、ほとんどジャニーズ(笑)。映画界も彼らはすごいことになって
                    おりますねぇ。
                    その中でもやっぱり【GANTZ】がいい!!私、あのGANTZスーツ着てるニノちゃん大好きですわ。
                    かっこいいわぁ〜♪と始まる前にすでにメロメロ(笑)。こちらも公開が楽しみです。
                    この10月は本当に二宮祭り。
                    期待していた【A-Stadio】も予想通りしっかり楽しめました。
                    鶴瓶さん、小原くんに取材してましたが、やっぱり男前だねぇ〜!!
                    元ジャニーズJrのトップだけあるというか貫禄が今でもある。ホントしっかりしてる。尊敬です。
                    自分の人生をしっかり見て、考えて、貫いてるっていう部分がさらに男前さを感じます。
                    10代で自分の人生の岐路を決めるって大変だと思う。好きだからとか居心地いいからでやれる世界でもないし、
                    自分の力や自分の意志だけではどうにもならないことだってあって、そこを考えるってあの歳でよくできるなぁと。
                    私なんぞ、15,6歳の時なんて世間の厳しさなんて見ないふりというか逃げてた気がするもの。
                    だからこそ、今、選ばれし者=デビューやお仕事をもらえて生活できている人たちには、絶対に絶対にがんばってほしい。
                    ニノちゃんがね、嵐になった際、ジャニーズマガジン(再販希望)に「他のジャニーズJrに申し訳ないし、
                    彼らの分までがんばらないと…」って書いてあって、その当時は「そうだよねぇ〜」なんて少し軽く見ていましたが、
                    だんだんその重みをひしひしと感じるように私はなりました。あの世界で生き抜くことの厳しさは相当なもの
                    だっただろうけど、素敵な仲間があの時代、そこにいたからこそ、乗り越えられたことがたくさんあっただろうなぁ。
                    なんだからとてもうらやましく思いました。
                    嵐はその延長なのかもしれない。あの当時のJrの象徴。あれだけブームになったJrは中身も今のJrとは
                    違った感じかも。
                    『仲がいい』とか『見ている先が同じ』という原点はまさにあそこにあったものそのものだろうなぁと。
                    加瀬くんとのエピソードも面白かったわぁ〜。加瀬くんを一般席に持ってくるところはさすがなニノちゃん(笑)。
                    でも、そのことを加瀬くんがジェスチャー付で嬉しそうに話す楽しそうな写真が見れて嬉しかったですわ。
                    ニノちゃんの人懐っこさって天性のものがある。倉本さんたち大御所がこぞって彼をかわいがるのもわかる。
                    でも、きっとニノちゃん本人は全くもってな〜んにも考えずに人として先入観なくふつーに接してるだけ。
                    よく普段思いますが、馴れ馴れしいと人懐っこい(フレンドリー)って違う。
                    会社でもいますが、同じような年齢の方で、経験年数も似た感じの方がいらっしゃるんですが、同じように人と
                    接しているのを見るんだけど、どうしても片方は謙虚さがどことなく見える人懐っこさを感じ、もう片方は、
                    ただ上から眼線の馴れ馴れしさしか残らない。いつもどうしてだろう?って。
                    その境界線ってなんだろうなぁって…。きっと人柄もあるんだろうけど、前にニノちゃんが『MORE』の連載で
                    言っていた「相手のことを考える」とか「相手の気持ちになる」、要は人をちゃんと見て理解して接するって
                    ことなのかもなぁと。そういうことを思って接してる人とそれをすっ飛ばしにしている人。それが境目かも。
                    それをいたってふつーに無意識にやっているニノちゃんだからこそ、誰からも愛されるのかも。
                    きっとそれは嵐みんなに言えることだろうと私は思います。常に相手のことを考え、思いながら行動したり発言する。
                    できそうでなかなかできないものです。(自分自身反省…)
                    そして、最後の『その頃の時代に戻りたくないっていうのはたぶん誰一人思ってない』発言。
                    うん、私としてはこれこそ最大のありがたいお言葉。
                    自分たちの通った道はデコボコだったにせよ、決して悪くなかったし、前のような道でも構わないって
                    思っている証拠。
                    この番組を見たっていとこのおばちゃんがパソコンにメールをくれたのですが、その内容がなんとも
                    まぁすごい内容だったので、ちょこっと原文まんま載せます。

                    あの番組見たり、最近いろんな人のブログ読んだんだけどな、「この3年くらい」ってテレビでも言ってたでしょ?
                    だから、私みたいなのがこうしてファンになって2年でしょ?
                    なんか・・・ニノたちに今みたいな変化になったことへの「とまどい」や「焦り」の気持ちにさせた責任をやけに感じたよ。
                    前からのファンの人たちにも不安にさせた責任も一緒に感じた。だからファンになったんなら
                    郷に従えじゃないけど、ちゃんといろいろとマナーとか彼らの通ってきた道を守ろうっておばちゃん思ったわ。
                    私らみたいなファンはファンになってからずっと恵まれたままだから、ここまで来るまでのこととかって
                    わかってはいたつもりだったけど、まだまだ上辺でしか理解できてないと思った。
                    あんたが「ファンに手をふりながら楽しそうにしている嵐を見てるのが好き」って思えるってやっぱり奥深いな!!
                    私らって会いたいとか近づきたい、目が合うとか見てもらいたいって気持ちだけだもんな。
                    考えてもみなかった。そういう気持ちになるのってちゃんと見てきた証拠だとおばちゃん思った。勉強になったわー。

                    ・・・めっちゃビックリしました・・・。
                    いつもいつもテンション高いメールばかり来るのに今回はなぜかまじめモード。
                    でも、こういう風に感じ取る人もいるんだなぁと。私も勉強になりました。
                    鶴瓶さんの取材や番組全体を通して、本当に嵐は、大きくなったと改めて思いました。
                    一度、てっぺんに近いところまで周りが持って行ってくれたのにその後が続かないという現実はきっと
                    厳しかったにせよ、地道ながらもコツコツいろんな素敵な時間を過ごしてきた証拠が今の彼らの位置=
                    ちょっとしたご褒美なのかもしれません。
                    だからこそ、今度は自分たちの力で、てっぺんに近くに行けたことは本当にすごいことです。
                    今回、鶴瓶さんたちが取材してくれたものは彼のほんの少しのことかもしれないけど、ニノちゃん自身が楽しみ、
                    懐かしみ、いろんなことがあったなぁとしみじみ思ってくれただけでも私は嬉しかったです。
                    優しさ溢れる取材、今回もとても楽しみました。
                    最後にニノちゃんがちょこんと座っている姿にキュンキュンしました(笑)。

                    category:Kazunari,N | by:mi-ecomments(2)trackbacks(0) | -

                    アイドルという職業

                    2010.10.05 Tuesday 22:54
                    0
                      あぁ〜【大奥】見に行きたいっ!!!
                      いつも22時すぎにならないと時間ができないのって改めてっていうかぶっちゃけ言うとこういう時、
                      ホント苦痛です(爆笑)とてもよい映画になっているらしいので、早く見たいわ〜。
                      水野さん…少々お待ちを。。。
                      昨日も舞台挨拶の模様をちらほら見まして、1番組でしたが録画できました♪
                      本当に改めて見て、豪華キャストだなぁ〜。その中で主役っていうんだからすごいわ、ニノちゃん。
                      今回、雑誌やテレビの【大奥祭り】(←またまた勝手に命名・笑)を見て、読んで思ったこと。
                      よくニノちゃんが「嵐だからお仕事もらえてる」だとか「嵐が基盤、嵐はアイドル」だとか「先輩方が
                      ひいてくれたレールがあるから。後輩にも繋がるように(中略)」ってよく言ってますが、さすが!!冷静な男、二宮和也。
                      よく自分の置かれている位置や現状を分かってらっしゃるっていうかホント冷静だなぁ。
                      しかしながら、私にっては『たかがアイドル、されどアイドル』なんですが、やはり基本的に彼らが
                      背負ってるのって、確かに嵐だとかジャニーズ事務所だとかアイドルだとかそういうものであって、歌だけを…とか
                      演技だけを…という1本に絞ってやっている商売じゃないので、それだけを極めている人には敵わないし、
                      そういう方に失礼のないように、邪魔にならないようにしたいと常々、ニノちゃんは思ってるのね。私もいつも思うよ。
                      だからこの間のアンケート等をひとりで悶々と自問自答しちゃってるわけですよ(苦笑)。
                      ニノちゃんの冷静な視点って、ちゃんと嵐の位置を今一度教えてくれるような気がします。
                      そんな彼らだからこその視点や魅力、やり方や才能・力で、歌なりキャスターなり俳優なりをやっているんだろうと。
                      グループとしてやっていこうとすると、それぞれの得意分野ややりたいこととか想いとか歩調を合わせることの
                      難しさもあるだろうし、それこそ自分たちの外というか周りと共存的なこともしていかなければならないから、
                      本当に大変だと思う。でも、そうじゃなくちゃ今の時代、生きぬくって難しいんだろうなぁ。
                      でも、今のアイドルがやっていることって、それなりに歳をとってから(若いアイドルという枠が外れてから)
                      考えていけばいいことかもしれない。模索してみつかればいいけど、模索してもみつからない人だっているはず。
                      今のアイドルは、かっこいいとかかわいいだけじゃいけないんだよねぇ。そこが難しいところ。
                      時代の流れも完全にあるよなぁ。
                      この何にでも対応でき、本格的にいろんな分野に足を踏み入れるアイドル像をはじめに築いたのはやっぱり
                      私としてはSMAPですわ。彼らがアイドルの視野を広げたんだと私は思う。
                      そう思うとすごいなぁと改めて感じます。ありがとう〜SMAP先輩!!とニノちゃんと同じように思ってしまいます。
                      それに私にとっては、グループという団結力や絆を深く深く見せつけられたのもSMAP。
                      森くんが辞める際は、私、あまりに悲しくてビービー何日も泣きました。本当に6人の彼らが大好きだったので。
                      だから最後の【スマスマ】は今でも大切にしていますが、何度見ても泣きます。彼らが周りを気にせず、素で思いっきり
                      泣いている姿は今でもグッときます。
                      大切な仲間だからこそ、悲しいし、大切な仲間だからこそ、次のステップを応援したい、がんばってほしい気持ち。
                      その思いは、彼らにしか分からない、彼らにしか抱けない感情もあるんだと思う。
                      (あ゛・・・昨日の朝、似たような話が・・・。)
                      ・・・だからねぇ、赤西くん・・・
                      【メンバーにとってそんなにサプライズじゃない】なんていう発言は本当にいただけないよ。
                      メンバーもファンも他のメンバー同様、赤西くんがいてこそのグループって思っていたに違いないと私は思う。
                      彼らも同じグループで苦楽を共にしているんだからこそ、抱ける感情や優しさ、思いがあるはずで、
                      私、昨日の朝、ニノちゃんの舞台挨拶目的で見たテレビ番組で赤西くんの発言を見て、唖然としてしまいました。
                      手放しで「がんばって〜!!応援するよ〜!!」って喜んでいる人が多いとは思えませんでしたよ・・・。
                      5人さんのこと、そしてグループのファンの方の心をちゃんと分かってるのかなぁ?
                      逆に私は心配してしまいました。彼は彼の道を歩く、それはひとりの人間として当たり前のことなのかも
                      しれないけれど、選びに選んだ言葉や思いがそれではいつまで経ってもみんなが笑顔で背中を押してくれることは
                      難しいと思います。愛そう、愛されようと思うならば、今のその気持ちを少し見直した方がいいと思う。
                      私はファンやメンバーのことを思うと、本当に本当に唖然としたし、悲しかったし、心が痛みました。
                      きっと嵐だったら、辛いというか・・・心が狭いのかもしれないけれど、許せないかもしれないな。。。
                      それでも赤西くんを応援してくれるほかのメンバーのファンの優しさって素晴らしいです。
                      だからこそ、自分の道をいくことへの周りのありがたさと優しさをちゃんとかみ締めて、受け止めて、感謝に
                      変えてがんばってほしいです。成功するかしないかは才能や力量もあるだろうけど、彼の心にも懸かっているのかも。
                      ちゃんと色眼鏡なしで見て欲しいというのであれば、それなりの場での発言と人への思いは持っておかないとね。
                      それが実行できなきゃ、誰も信じちゃくれませんし、色眼鏡を外しませんぞ。(部外者が辛口ですみません)
                      どのグループも確かにはじめは仕事で組んでいるのかもしれないけれど、それ以上の関係になっているはず。
                      あれこれ言われがちだけど、お互いメンバーやファン、相手を想い、アイドルという看板、グループという絆は、
                      いつまでたっても彼らの味方だし、彼らの誇りではないかなと私は思いますわ
                      それを彼らが持ち続けているからこそ、私は楽しく応援できるのかもしれません

                      というわけで、ニノちゃんの映画、近いうちに見に行きましょ。
                      あ゛・・・今日の『ごきげんよう』、ちょこっと見たけど、ニノちゃん・・・腰大丈夫かいな?心配だわ。
                      ただでさえ、今はハードスケジュールなのに・・・そんな私の心配を余所に(苦笑)、楽しく小堺さん、
                      竹中さんとサイコロと向き合うニノちゃんがかわいすぎました。
                      category:Kazunari,N | by:mi-ecomments(0)trackbacks(0) | -

                      それ大事っ!!!

                      2010.01.06 Wednesday 23:55
                      0

                        今朝は、お台場嵐色点灯式(勝手に命名・笑)を見ようと≪めざまし≫をしっかり撮りました〜!!
                        ちゃんと撮れていてよかった。
                        明日は、インタビューとのことで、これまた楽しみ。
                        しかしながら、ちゃんと私の望みどおりお正月休みがそれぞれもらえたようでなにより。
                        翔ちゃんは、ドラマにニュースがあったから少し少なかったかもなぁ。
                        来年はしっかり休んでくださいませ。←今から既に心配する私(笑)。

                        で、笑ったのが、ニノちゃんのお正月休み。
                        いやぁ〜大事よ、それは大事。私も昨日したもの(笑)。
                        ニノちゃん、さすがだなぁ〜と感動しましたわ。
                        領収証ってもらってるのに見た際に意外と記憶がない時があるのよねぇ〜。
                        しかし、最近の家計簿は、レシートを貼るだけのものがあって、これが結構簡単だし、
                        何を買ったのかが分かるので、かなり便利〜!!!!
                        このご時勢ね、お財布の中身の見直しや節約は大切です。

                        今年のニノちゃんは、映画三昧なのね。ふむふむ。未来的なモノから時代劇と・・・幅広いなぁ。
                        【硫黄島〜】から早4年が経つのかぁ・・・早いものです。
                        あの一言伝言の『ゲームニッキ』には驚いたし、ハリウッドと聞いた際は本当に腰が抜けた。
                        でも、夢なのは知ってたし、ニノちゃんは行くべきだって思ってたから、嬉しかった。
                        そりゃぁ日本をしばらく離れて、嵐が一瞬4人になるのは寂しかったけど、でもニノちゃんの力に
                        なることが分かってたからね。今思ってもあの時、ハリウッドに行けてよかったなぁって思う。
                        ニノちゃんの映画と言えば、私は【青の炎】も好きだなぁ〜。
                        その昔、地元の【青の炎】の試写会に行ったら、偉い年齢層が上の方がたくさんで、あんまり私の
                        ような嵐ファンやあややファンがいなかった感じ。
                        やっぱり蜷川さんの作品だからだったのかなぁ〜。あれは未だに疑問です。
                        そんな思い出もありますが、2本とも本当に楽しみです。
                        2作品ともどちらの作品も原作を読んだことがないのですが、今回も原作を読むのはやめておこう
                        と思います。
                        映画を見てから、読んでみようかなぁ〜と。
                        今年の二宮和也も期待大ですわ〜。

                        さぁ〜明日の翔ちゃんの『いいとも』とかドラマの製作発表も予約しなくちゃ!!
                        明日もがんばるぞぉ〜!!

                        category:Kazunari,N | by:mi-ecomments(2)trackbacks(0) | -

                        PR
                        Calender
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << August 2017 >>
                        Now♪
                        Phot Diary
                        Thank You♪
                        オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters
                        Selected entry
                        Category
                        Archives
                        Recent comment
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        迷宮ラブソング
                        迷宮ラブソング (JUGEMレビュー »)
                        嵐,伊織,100+,R.P.P.,Soluna,佐々木博史,Trevor Ingram,youwhich,吉岡たく
                        Recommend
                        Recommend
                        『ミュージカル宮』日本公演 オリジナル・サウンドトラック
                        『ミュージカル宮』日本公演 オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
                        キム・キュジョン,ラン,クァク・ソンヨン,チャン・ユジュン,ジョンミン,チェ・イェスル
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Link
                        Profile
                        Search
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM